地域新聞辻堂タイムズ
home
 

ここに技と心あり
『空手道孔仁門クラブ』 

   
 
karate1
 

白い胴着に帯をした男の子・女の子が空手の” 形“を決める。手と足が瞬時に空を切るごとに” シュッ“という音が部屋に響く。
” 形“は素早い動きと決めの静のポーズが組み合わさり次々に変化していく。その迫力ある動きと真剣な表情に、小学生とは思えない強さと凛々しさが感じられる。『空手道孔仁門クラブ』のメンバー達が練習しているのは” 松涛館流“の空手で、空手道の開祖・船越義珍による王道の空手だ。こちらのクラブの最大の特徴は、” 形や組手“といった武術はもちろん、 ” 武学・武徳“が学べるということだ。

練習時間には10分の” 道徳“の時間が設けられ、” 人生の捉え方“を学んでいく。指導者の土屋主席師範は「こちらのクラブは大会で勝つスーパースターを育てるということではなく、空手道を通して” 自信・勇気・行動力・慈悲心・正義感“を身に付けてほしいと思っています。社会で自らの力を発揮できる人を育てることが目的です。子ども同士はライバルとしてではなく友情を大切に、そして上下関係、挨拶などの礼儀を身につけてほしいと思っています」と語る。実際にこちらのクラブに入ることで、いじめられていた子がいじめられなくなったというケースもあるという。「難しい形もあるけど、できると楽しいよ!」と笑顔いっぱいの子ども達。『空手道孔仁門クラブ』、体も心も ” かっこいい人“が育ちそうだ!



karate1

★メンバー募集中 いつでも自由に見学できます。

連絡先:土屋090-4385-2768 0466-35-3417
練習場所:明治市民センター 活動日:毎週土曜日 17:00〜18:45 対象:小・中学生、男女(現在30名) 
会費:年会費5000円(入会金、月会費無料) http://www.bizsystem.co.jp/koujinmon/

 

2009年11月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事