地域新聞辻堂タイムズ
home
 
一枚の風景

白黒写真の時代・・・辻堂の玄関
『辻堂駅』にまつわる独り言・・・

 
tujidoeki2
   
tujidoeki1  ここに一枚のモノクロ写真があります。

  駅の改札風景。切符を拝見と改札の駅員さんに、紳士は開襟シャツにパナマ帽。半袖のご婦人たちが続く。大好きな電車が待ちきれないのか、走り出した子供も写っている。木の柱や改札。
  夏の風景。郷愁…そんな懐かしい辻堂駅の1コマ。
よくみると『DISCOVER JAPAN』のポップも見える。JRが日本国有鉄道(国鉄)だった頃、個人旅行客向けに行ったキャンペーン。するとこれは1970年ころの写真か…
  時代はたしかに流れている。いまから93年前に開業した辻堂駅。
すばらしくきれいに整備され利用者も増えた今の駅の『ほんの』30数年前に、こんなに心がほぐれる原風景があった。
  キャンペーンの副題となった『美しい日本と私』。美しく新しい辻堂駅に期待しつつ、こんな昔のモノクロ写真に気持ちをまかせてみた。
 

写真協力:JR辻堂駅
 
2009年4月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事