地域新聞辻堂タイムズ
地域新聞辻堂タイムズ 辻堂のまちを元気に!
 
湘南の安全を守る防犯ナビ 
辻堂地域の 子どもを見守る 『青少年指導員』
 
seishounenn3 seishounenn2

青少年指導員の街頭指導部会では、辻堂地区の子ども達の安全を守るためパトロール活動を行っている。

小・中学校を中心に公園、コンビニ、辻堂駅周辺、そして住宅地では普段人目につきずらい狭く静かな道もくまなくパトロールを行っている。目的のひとつは子ども達の非行防止でもあるが「辻堂地区は子ども達の目に余る行為というのは本当にないですね」と青少年指導員さん。

ただし、不審者による問題は発生しており、情報を受け次第、現場に向かい近辺のパトロールを行ったり、普段は子ども達の下校時間に合わせたパトロール活動をしている。また、学校配布の防犯マップで危険な場所と指定された “公園の隣の空き家”などといった箇所は必ず見るようにしているとのことで、保護者にとって本当に頼もしい存在だ。


公園では保護者の方に「不審者情報があったら市民センターや学校に伝えてくださいね」と声をかけると、「木の枝が伸びすぎて死角があり危ないのでどうにかならないだろうか」といった声も寄せられる。コミュニケーションから地域の危険情報をいち早く捉え、それを警察や必要な市のセクションに伝えるといった役割も担っている。


青少年指導員さんは「地域を超えた方と話せるのはとてもいい機会だし、活動自体とてもやりがいがあり楽しいですよ」と話す。パトロール活動は既に40年以上なるという。青少年指導員さんの活動は辻堂地区の子ども達の安全を守るためにとても大きな役割を果たしている。

   
seishounen1 辻堂駅北口(パチンコラッキー前)に設置された『防犯カメラ110番』藤沢ではここが初めて!子どもの目線に設置された黄色いボックスは、危険時にボタンを押すと15分間サイレンが鳴り、マイクで直接、県警の通信指令センターと話すことができる。
 
 
 
2009年5月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事