地域新聞辻堂タイムズ
home
『近頃の農家を受け継ぐ若者たち!★藤沢編』

その4・ 藤沢市亀井野
「安西農園」
安西一宏さん

 
annzai1


藤沢市のほぼ中央。亀井野に広々とした安西農園の畑やハウスがある。安西一宏さんは安西農園の6代目。幼いころから農業を継ぐことを考えていたが、中学卒業後にあえて普通高校に進学。その後、アルバイトなどした後に家業を継ぐこととなった。家業の『農業』という『敷かれたレール』でなく、視野を広げたいとの思いからだった。藤沢の若きファーマーが集まる『藤友会』のメンバーとなった一宏さんは、会に集う若者たちのまっすぐな気持ちや、土作りから収穫までに汗を流すプロフェッショナルな熱い思いに衝撃を受け『専業農家』となることを決意する。


 安西農園で作られる作物は、きゅうりとトマトが主体。これからの9〜10月はきゅうりが最盛期となる。夏に種を蒔いて秋に収穫する品種のきゅうりが、2棟のハウスにところ狭しと育っている真っ最中。『なおよし』と『エクセレント』の2種類の品種を手がける。天候や気温によって給水や手入れ方法を変える細やかな気配りがきゅうりの素晴らしいおいしさとなる。


3年前からは、お客様に手渡しで販売する直売所での販売も始めた。開店時間になると、おまちかねのお客様が続々と来店。「作物を作る仕事だけでなく、お客様との「コミュニケーション」が意欲につながるんです。」と一宏さん。また、「悪天候や病害虫から守り、無事に育ってくれた作物はわが子のようにいとおしい。それがこの仕事の魅力ですね。」とも語ってくれた。
額に汗して大地を耕す” 農業“が注目される今の時代。地元で明るく誇りをもって取り組む熱き『若きファーマー』は豊かな実りを手に、ますます輝きを放つ!藤沢乗馬クラブの目の前で、 仲間(佐藤さん)と共同直売所で販売。あんざいかずひろこれが1週間後にはおいしい きゅうりになって出荷される。

 

annzai2
住所:藤沢市亀井野2189 TEL:0466−81−0283
携帯:090−6109−5912 直売所営業時間:12:00〜17:00(季節によって異なります。)
 
2009年9月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事