地域新聞辻堂タイムズ
 
いじめ防止に取り組む 『湘洋中学校
スクールバディ しゃべり場ディ』
 
schoolbady1
湘洋中スクールバディによる朗読劇
  湘洋中学校には『スクールバディ』と呼ばれる生徒達がいる。全生徒を対象とした「いじめ防止プログラム」を受講した生徒の中で有志を募り、更に8時間のトレーニングを積んで「バディ」となった生徒達だ。「いじめ防止プログラム」とは、湘南DVサポートセンターの瀧田氏が指導する” 暴力によらない問題解決方法やコミュニケーション方法を学びながら、自分も他人も大切に生きることが暴力防止につながることを伝えるプログラムで、生徒同士 による支え合いのシステム“ となっている。現在、湘洋中学校、村岡中、片瀬中など藤沢市内の中学校にも広がりを見せている。
スクールバディの生徒達は相談所として「バディルーム」という教室を持ち、週三回、放課後に訪れる生徒達の話を聴く。気軽に話せる相手として、また訪れる生徒達の大切な居場所としての役割を果たしている。


 一方、保護者も『しゃべり場ディ』という活動が昨年より始まっている。有志の保護者が「いじめ防止プログラム」のトレーニングを受講後、親として、大人として生徒達の活動を側面からサポートをしようと『しゃべり場ディ』という会を設け話し合っている。この活動を通し会のメンバーは ” 家庭が大事である“ ということを再認識するとともに、校内の保護者からも日頃抱えている悩みが寄せられるなどその活動の認識が保護者間においても高まってきている。

” いじめ問題“ については、いじめる行為を決して許してはいけないが、加害者を排除するだけでは何の問題の解決にもならない、” いじめ防止“ は傍観者をつくらないことも大切だとういう。子ども達自ら、そして保護者も一丸となって取り組んでいる湘洋中学校の『スクールバディ』と『しゃべり場ディ』、その更なる活躍を期待したい!

★湘南DVサポートセンター(END VIOLENCE)代表・瀧田 暴力防止に関する様々なプログラムの提供、教育関係者へのアドバイスを行っている。
TEL 090-4430-1836 tryton@kodomo-support.org  http://www.kodomo-support.org 藤沢市辻堂太平台2-2-3-102★2009年9月13日第1回「スクール・バディ・サミット」では、各校のスクール・バディが一同に集まり、いじめについて活動報告・意見交換、発表会を行った。湘洋中のスクールバディによる“朗読劇”に会場全体から大きな拍手がわき、大成功に終わった。

shaberibady
しゃべり場ディのメンバーと瀧田氏
 
 
2010年1月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事