地域新聞辻堂タイムズ
 
『湘南映画祭』に 辻堂の子ども達が 作品を出品!
shounanneigasai1
shounanneigasai3
shounanneigasai2
 


辻堂青少年会館で行われた「フィルム・スタジオ」という ” 映像リテラシー教育“ の一環とした活動、こちらに参加した小学生5人、中学生3人は昨年の夏休み、企画からシナリオづくり・撮影・編集までの映像づくりに取り組んだ。「お友だちに藤沢市青少年協会と辻堂青少年会館を紹介しよう」をテーマに、今まで知らなかった地域のお祭りに参加したり、地域をよく知る方にインタビューしたり、日程が合わないときはみんなで協力しあいながら、夏休み返上で撮影や編集作業を行った。映像づくりに参加した子ども達は「いろんな角度から撮影したが、撮影の意味を考えながら撮影するのは大変だった」、「自分たちの思いをどう人に伝えるのかをみんなで考えるのは大変だったが、だんだん楽しくなった」と映像作りの大変さと楽しさを感じたようだ

。この完成作品は『湘南映像祭』等に出品し、自分たちが作品に込めた思いは人に伝えることが出来るかを確かめる。過去にも『辻堂青少年会館のフィルム・スタジオ』は湘南映画祭に作品を出品しており、2007年出品した「熊の森商店街を舞台にした映画」は優秀賞を、2008年の「商店街のコマーシャル」は教育部門賞を受賞している。

 
 
★第5回湘南映画祭 公開審査・表彰式に行ってみよう!
日時:2月21日(日) 10:00〜17:00 
場所:藤沢市労働会館 藤沢市本町1-12-17 (入場無料)
主催:湘南映像祭実行委員/NPO法人 湘南市民メディアネットワーク(0466-62-2288)協力:神奈川大学・駿河台大学・東海大学・文教大学・武蔵大学
<湘南映画祭全体テーマ>地域や学校・教育現場などで制作された作品を通して、人と人との心のふれあいやコミュニケーションの輪を広げ、豊かな文化・社会の実現に寄与する。映像による自己表現やメディア・リテラシー、地域コミュニティ・ネットワークの創出など映像制作の可能性を追求する。
 
 
2010年1月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事