地域新聞辻堂タイムズ
 
人々のつながりが 生まれる 夢ある街の たいやき屋さん
 
taiyaki2

 次々と来店するお客様に対応するスタッフ、販売にたい焼き作りにさぞや忙しいだろうが、スタッフは皆、明るくきびきびと作業するその姿は実に爽やかだ。たいやき屋の店内はたい焼きを売るカウンター、そしてお洒落な雑貨を売るコーナーとカフェのスペースがある。カフェでたい焼きを食べたりお茶を飲んだり、木のぬくもりが心地よいショップで素敵なグッズを眺めたりと、くつろぎながら楽しい時間が過ごせる。
茅ヶ崎の『夢ある街のたいやき屋さん』は、障害のある方への就労機会の場を増やすことを目的とした店舗で、昨年11月にオープンし、現在20名のスタッフが働いている。併設するカフェとショップ『コミュニティカフェゆめたい』は、福祉やNPO支援などで活動する市人たちが作ったもの。障害のあるなしにかかわらず、その人らしい生き方ができる社会にしたい、そんな想いから生まれたのが『コミュニティカフェゆめたい』。ひとり一人の「夢・ゆめ」を叶え実現し「たい」から「ゆめたい」と名づけたという。「カフェサロン」は、誰でも気軽に立ち寄れて、新しい出会いや人々のつながりが生まれる憩いの場として、また情報を集めたり発信したりと、地域の交流や活性を目指している。併設のショップは、小箱ショップ「アートゆめたい」といい、「箱くらいの」小さなスペースを売り場として一般に貸し出している。「” アート“ は生活を少し楽しくしてくれるセンスのよいもの、心地よさ幸せをもたらすもの」というコンセプトのもとに集められた商品は、なごみ感がありつつ高感度なグッズばかり。
店には子ども連れのお母さん、学生からご高齢の方までと様々な人々が訪れている。店内に入り座り心地の良いカフェの椅子に腰掛けたり、ショップのグッズを見たり、スタッフと会話したりとたい焼きを買う以外にもお客様それぞれの” 楽しみ方“ があるようだ。カフェサロンのスタッフは『ここがノーマライゼーション※の場』になればと話してくれた。今のお店を見る限り、自然にそんな場所として地域にすっかり溶け込んでいるように思えた。


taiyaki3 taiyaki1
   
   
   
taiyaki7 taiyaki6
 
\140 牛乳とたまごをたっぷり使った贅沢カスタード クリーム。 \160 あふれんばかり に具がたっぷり!たっぷりキャベツ・ベーコン、特製ソースとマヨネーズがマッチしてホント美味しい!
taiyaki5 \130 お店で炊いた風味豊かなあんこ がいっぱい!納得 満足♪
   
   
taiyaki4
   
「アートゆめたい」では棚の利用料を払えば委託販売ができる。
 
茅ヶ崎市若松町2-27 TEL0467-84-1883 営業時間 11:00〜19:00 定休日 水曜日 
 
 
【normalization】 障害者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく、社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿であるとする考え方。
 
2010年3月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事