地域新聞辻堂タイムズ
 

 

がんばれ小学生!!開かれた学校を目指して  藤沢市立石川小学校 

「大湖国民小学校管楽団(台湾・台北市)との音楽の国際交流編」

 

 
ishikawashou2


  このたび、「アジア観光立志国を地元でも!」と盛り上げる藤沢市観光協会の協力のもと、『大湖国民小学校管楽団(台湾)』と石川小学校との音楽国際交流イベントが7月13日に実現した。
  来日後、労働会館や東京デイズニーランドでの演奏会、といった忙しいスケジュールの中、日本の学校との交流を深めたい、という強い要望で夢の国際交流が叶った。藤沢に移動した” 大湖国民小学校管楽団(保護者と合わせ113名)“は市役所にて、海老根市長さんの熱いお出迎えを受け、そのまま石川小学校へ! 迎えた5、6年生の児童が体育館に集合し、歓迎式典が始まった。両校記念品贈呈、演奏、踊りを披露した後、写真撮影、校内見学をした。
両校児童交流のメインイベントであり、お楽しみは何と言ってもランチタイム!各クラスに分かれて日本の給食を体験。挨拶代わりに、手作りの” 名刺“を交換して名前の由来や意味をお互いの国の言葉で表現していた。” 言葉の壁“
を超えたコミュニケーションは同世代の子供たちにとっては楽しく、刺激になったようだ。
  石川小学校滝沢校長先生は「国際理解教育を進めてきた本校にとっては子供たちの国際交流として触れ合いの機会が実現できて喜ばしいことでした。今後もこのような素晴らしいイベントをきっかけに、交流関係が継続できればと願っています」と話した。

ishikawashou1
大湖小の“音楽の贈り物”やお土産のお礼に石川小学校は5年生がソーラン節、6年生は手作りの記念カードなどを送った
ishikawashou3 大湖小の“音楽の贈り物
 
ishikawashou4 大湖小校長の楊 柳淳(ヨウ・リュウジュン)先生と滝沢校長先生
 
 
2010年 8月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事