地域新聞辻堂タイムズ
 
『第15回・国際一輪車競技大会』ソロ演技部門ジュニア&100mスプリントレース世界チャンピオン!
石川在住・出口まゆ子さん
(茅ヶ崎一輪車協会湘南支部在籍) 
 
degutisann1
degutisann2

 高校2年のまゆ子さんが一輪車を始めたのは幼稚園年中の時、通っていた幼稚園に一輪車があり乗り始めたのがきっかけだった。一輪車歴は今年で11年になる。現在は、高校から帰ると石川小学校などの体育館で週4回、12時間ほどの練習をこなしている。世界チャンピオンを何人も輩出した先生の指導のもと、今取り組んでいる技はオリジナルの「まゆリンディング」というジャンプターンから切り返し一輪車の上に立ちピルエットをするという高度なもの。目下の目標は、来年7月イタリアで行われる「第16回国際一輪車競技大会」でのソロ演技部門でのチャンピオンだ。この大会へは26ヶ国1600人の出場が予定されており、日本からも50人がエントリーをする。もうひとつの目標が、来年の全日本一輪車競技大会ソロ演技部門高校生以上での優勝だ。
  ジュニアを制したまゆ子さん、今度は、 ” 一般の部“ で、日本、そして世界を舞台にした活躍に期待したい!

 
degutisann3 何についても一生懸命努力をおしまないまゆ子さん。素顔は、小さい子が大好き、保育士になるというのが夢という優しい女の子だ。
 
2011年12月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事