地域新聞辻堂タイムズ
home
 
shinise 『銀美堂』
 
ginbidou1
 
創業当時の銀美堂

初代がドイツから持ち帰ったという時計は88年経った今も時を刻んでいる。三代目端山代表が手巻きの時計を巻いている。 辻堂で最も歴史のある『銀美堂』は大正12年創業、今年で88年を迎える。3代目を継ぐ端山創之代表にお話を伺った。
「東京の時計店で修業をしていた初代が辻堂に来るきっかけとなったのが関東大震災でした。被災し困っていた折、今の『銀美堂』の隣に当時は旅館があり、その方とのご縁があり辻堂で店を開業することとなったようです。しかし当時の辻堂といえば駅とその旅館の他には何もなく、浜見山まで砂地や砂山が広がっていたと聞いています。その中でも、新しい物が好きだった初代は、海外にも足を伸ばし商品の仕入れを行ったり、神奈川で最初のオメガの代理店として契約を結び、各代理店との商売をしていたようです。当時の鵠沼の別荘地の方々もお客様にあったようです。そして第二次世界大戦を超え、二代目に店を継ぎました。二代目は堅実、店を守らなければといった人物という感じでしょうか。そして三代目の私に引継ぎ5年が経ちました。昔からの時計店のオーソドックスな形の
” 時計・宝石・貴金属・めがね“ を今も取り扱っています。是非一度お気軽にお立ち寄り下さい。」

■『銀美堂』探訪〜辻堂南口駅前すぐの『銀美堂』、店内は明るく居心地もよい。温厚な店長と爽やかなスタッフ、めがねや時計の修理、貴金属のリフォームといった細かな事でも丁寧に対応してくれそうだ。また、最新の海外のデザインメガネフレームなども取り扱っている。
歴史と最新を兼ね備えた辻堂の老舗、末永く歴史を重ね続けてほしい。


ginbidou2
初代がドイツから持ち帰ったという時計は88年経った今も時を刻んでいる。三代目端山代表が手巻きの時計を巻いている。
ginbidou3 神奈川県眼鏡協会各加盟店とフレームメーカー/卸・レンズメーカーが一丸となって震災被災者の方のためのメガネ配布ボランティアを行った。配布する2000枚強メガネのうち銀美堂では、100本を担当、4月初旬に宮城県に配布され、大変被災地の方々に喜ばれた。
 
ginbidou4
銀美堂 藤沢市辻堂1-3-2 TEL:0466-36-5131 営業時間:10:00〜19:00
 

2011年5月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事