地域新聞辻堂タイムズ
 
明るく楽しい 未来を作るまち
『めいじ』の 『地域まちづくり計画』
 

★凸凹のある『藤沢羽鳥線の歩道』の段差を整備してバリアフリー化に!!

  明治地区では、地域の特性を活かしたまちづくりを進める『地域まちづくり計画」。ならびに『実施計画』を地域経営会議が中心となって検討を進めてきました。32の具体的な実施計画の一環として、・検討を進め32項目の具体的な計画を進めました。これに先立ち23年1月には独自の取り組みとして「明治市民センター駐輪場の改修」を行いました。実施計画の関連としては、6月には文化遺産である『耕餘塾』跡地の整備を実現していきました。
  そして9月から『藤沢羽鳥線』の” バリアフリー化“ を目指し、改良工事に着手することになりました。歩道は波打っていて車いすやベビーカーだけでなく歩く人にとっても危険な歩道です。まず、明治市民センター前の信号付近から羽鳥郵便局の信号までの区間を工事する運びとなりました。数ヵ月後、みなさんが安心して利用できる『段差の少ない歩道』に生まれ変わります!

meiji1
meiji2
 
2011年10月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事