地域新聞辻堂タイムズ
 
No.11辻堂ギャラリーTsujido Gallery
 
gallery11

 10月の中旬、台風からの大きなウネリが辻堂に届いた。
  極上のターフーンスウェルは日本中のサーファー達にとって待ちに待った秋の収穫だ。
  辻堂の西側、茅ヶ崎市と藤沢市の境目付近の名も無きビーチブレイクでは湘南のプロサーファーが集い熱いセッションが繰り広げられた。
  水中カメラを構えるのはU-ske、ライダーは脇 祐史。他にも佐藤和也や越後将平、そして大橋海人を筆頭に湘南の若手プロサーファー達も一同に集まり連日のフォトセッションが続いた。サーフィンの世界では「立てば湘南」と言う言葉がある。相模湾の懐まで西からのウネリが届くと独特の美しい波が立つ。その姿は世界に誇るGOODWAVEなのだ ・・・。   story by T's Housing

プロフィール 56change(奥田吾朗) 
 辻堂の西より、藤沢市と茅ヶ崎市の境目あたりで地元サーファーの日々のライフスタイルや、海辺で見られる美しい瞬間の写真を10年以上に渡って撮り続けている。
WEBサイト「なんとなくね。」www.feelg.com

 
 
2012年11月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事