地域新聞辻堂タイムズ
home
 

福島の子どもたち、
鵠沼海岸で地引網!

 
 
fukushima2

福島市の児童養護施設「福島愛育園」(*)の5〜18歳の子どもたち59人が8月21日、鵠沼海岸で地引網を楽しんだ。網を皆で引いた後には、獲れた樽いっぱいのシラスを覗き込み、アジなどの魚を手に取り、子どもたちに笑顔があふれた。
  子ども90人と職員40人が生活をする「福島愛育園」周辺は、福島第一原発事故のために汚染され、除染は行われたもののいまだに高い放射線が続き、子どもたちは現在1日2時間しか外で遊べていない。そんな子どもたちに思う存分外で遊び、保養してもらおうと「福島の子ども達を湘南に呼ぼう!プロジェクト」として、藤沢市内・寒川町の市民グループが結集し、子どもたちの湘南への招待が実現した。


  8月20〜24日、寒川町での歓迎会後、鵠沼海岸での地引網や江ノ島周辺観光を楽しみ白浜養護学校と高砂小学校にて宿泊、愛川ふれあいの村でのキャンプも行われた。
  実行委員会事務局長の羽田さんは「今回だけではなく、年に3回休みごとに訪れてもらいたいと考えています。そして、10年、20年と永い取り組みにしていきたいと思います」と語った。

*社会福祉法人 福島愛育園
  災害や事故、あるいは離婚や病気などさまざまな家庭の事情で家族が養育することのできない子どもたちを健全に養育する児童福祉施設

●市内からはこんな支援も寄せられた。
牧野青果店…果物の無償提供
ロワール光月堂…朝食を安価で提供 
小川(株)…貸布団を安価で提供
江ノ島電鉄(株)…江ノ電一日乗車券、愛川ふれあいの村まで江ノ電バス無償提供
志村牛乳店…朝食の飲み物を安価で提供
湯快爽快…低料金での入浴の提供

 


fukushima1

★今後も引き続き活動を行います。ボランティア募集 あなたのできることなんでも!


連絡・問合せ kodomotachimirai@yahoo.co.jp TEL/FAX 0466-55-2251

「福島の子ども達を湘南に呼ぼう!プロジェクト」実行委員会

 

2012年9月号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事