地域新聞辻堂タイムズ
 
里親を探す会SHONAN
dog1
dog2

 平成20年に発足した「里親を探す会SHONAN」。「神奈川県動物保護センター」で殺処分になる寸前の犬のレスキューを行っている。その数は今までで200匹以上。会の代表の青野さんをはじめ、預かりボランティア8名、トリミングボランティア4名、協力獣医3軒などが、捨て犬の幸せのため会の運営に励んでいる。
  会でレスキューした犬たちは、ワクチン接種や各種血液検査、避妊去勢手術を済ませ、飼育頭数の少ない預かりボランティアの家庭で愛情をたっぷり受け生活訓練を行う。心ない以前の飼い主による虐待や飼育の放棄などで心も体も傷ついてしまった犬たちも中にはいる。そんな犬たちの長い募集生活を楽しく快適に過ごせるようにと、預かりボランティアさんの役割を会はとても重要視している。現在も20匹をレスキューし、里親募集中は17匹、準備中(ケア中の犬)が3匹となっている。会では年間約24匹の犬が里親さんのもとへと幸せに巣立っている。
  代表の青野さん「愛犬はドッグショーに出たりと楽しく暮らしているのに対し、ペットショップ等で命を安易に飼い棄てる人が後を絶たない現状を社会問題と捉え、神奈川県民の責任として、神奈川県動物保護センター殺処分ゼロ!を目指しています。殺されて良い命なんて無いんです。当然の事ですが、犬は噛んできたり、病気になったり、老いたりします。毎回それの繰り返しをしてレスキュー活動をするのですが、飼った人はどんな犬であれ手放さずに最期まで責任を持って飼って下さい。」
  人間の都合で不幸になる犬たちがゼロになることを願うばかりだが、まず自分達が出来ることは何かを考える、それは飼い主としての自覚を新たにすることからなのではないだろうか。

dog3

 

 

 

 

詳細は下記連絡先まで。
電話 0463-75-1634まで。 http://shonan-satooya.a-thera.jp/■詳しくは「里親を探す会SHONAN」

satooyawosagasukai2

★大磯市(いち)「里親募集イベント」 
日時:2013年5月19日・6月16日 場所:大磯漁港
毎月第3日曜日に開催の大磯市に参加し、オリジナルグッズ等を販売し医療費捻出に努めています。里親募集の保護犬も毎月2〜3匹参加しています。また、年2回 5月、11月には秦野市のバザーにも参加しています。
*バザーの為の不用品を広く一般から募っています。通常は大磯市イベントブースにて受付けています。

satooyawosagasukaishonan1 代表の青野さん
「新たな家族が決まり嬉しそうに暮らしている犬たちを見ると、助けて良かったと毎回思います。」
 
2013月5号地域新聞辻堂タイムズ掲載記事