http://www.tujidotimes.com



藤沢市辻堂東海岸1-12-20・1F
平日10時〜20時
土日祝 8時〜20時
無休 P7台
http://www.proudmary.co.jp
辻堂タイムズへ戻る 海岸物語へ戻る
湘南・辻堂の未来の波 "Aloha&quot

 サーファー通りは花形のサーファーショップはもちろん、新築マンションやお洒落な飲食店も増え、賑わいを見せている。中でもサーフステーション(Aloha)はサーフボード・サーフウエアの製造や販売で人気の高いショップ。週末首都圏から来る若者たちに70%強の支持を得ている。親会社潟vラウドメアリーコーポレーションの事業の一環で、オーストラリアのマンリーにAlohaサーフボードの事務所を持つことから、自社ブランドの輸入品が並ぶのが人気の理由だ。田尾勇人店長にお話を伺った。  
 そもそも現在代表取締役の中島敏秀氏(45)が、20年ほど前駅近くに小さなサーフショップを開いたのが始まり。その後サーフィンを通 して海のライフスタイルを提案し、昭和62年に会社を設立。世界中のビーチリゾートを専門にした旅行業、国内外の観光開発事業(ホテル、レストラン等)、日本・米国(カリフォルニア)・アジア(バリ島)各地に展開するサーフブランドAlohaによるサーフウエアー・サーフボード等のトータルコーディネート、そして様々なタイプの小売店を経営。平成7年には現在のテナントビルが築かれ、トラベルシーン(旅行業)に加え、新たにフランチャイズのコンビニ、11年には対面 に御食事処波たろうを開業した。  メインのサーフ部門としての活動も注目される。(有)アロハサーフボードジャパンが主催するJPSA(日本プロサーフィン連盟)のサーキット戦「アロハガルーダカップ」を年1回バリ島で開催。これは年間ランキング40位 以上の選手とアマチュアのチャンピオンクラスの人が参加するレベルの高い大会だ。サーフステーション(Aloha)には店員でメインライダーの上條俊美智氏、レディース塩谷あずささん、深谷朋民さんの2人が所属し、上記大会ほか千葉や宮崎でのレースに臨んで好成績を残していると言う。  湘南の波は比較的穏やかでサーフィンを楽しむには適したライド・オンになる。近県からのサーファーが訪れることを歓迎しつつも、地元愛好家を筆頭に海をきれいに守る意識は高まる。サーフショップが声掛けをして、クラブ員・メンバー、地域ボランティアの人々とともに、月2回第1・3日曜日に「ビーチクリーン」を実施されているのが嬉しい。辻堂の海に集まる仲間たちがかつて語り合った“夢”が実現した今こそ、世界のどこにも負けない美しい辻堂ビーチの名を轟かせるよう働きかけてもらいたい。 〜Aloha!〜海の合言葉になることを願って…。
(この記事は2002年1月号に掲載したものです)


↑ 自社ブランドの洋服がズラリと並ぶ



↑店長の田尾さん今年の一押しを聞いてみたら?