地域新聞辻堂タイムズ
地域新聞辻堂タイムズ 辻堂のまちを元気に!

いざというときのために実際にに体験することが大切です!
「8割近くが近所の方による自助、共助で助かっているというデータがでています。
ぜひ地域のみなさん、防災訓練にご参加ください」と担当の池田さん。
辻堂地区総合防災訓練が行われました
2007年12月2日 高砂小学校校庭 
挨拶をする辻堂地区防災協議会の清水登会長
隣が有賀正義副会長
辻堂市民センターの池田さん 町内会、自治会単位で集合 参加人数の多さは
関心の高さを表していた
藤沢市消防本部による消化訓練 消化訓練 ロープワークを体験する
救護訓練  AEDを使用しての人命救助訓練 プールの水をろ過し、飲料水として使う 試飲中
てんぷら火災の消化訓練 水を注ぐと火が
恐ろしいほど燃え上がる恐ろしさを実感!
煙のハウスに入ると いかに苦しくて動けないかわかったと体験者 煙は下から上にあがっていくので背を低くすることが大切 マンションなどは
上の階へ煙があがっていくことを想定しよう
これが、担架の役目を果たす(布製)
おりたたみ、収納できるのが利点
担架を竹と毛布1枚で作る 作り方は
みつおりにする

2007.12月2日取材
編集部 I です。私も今年辻堂地区家庭防災委員として、はしご車に乗ったり、消防署見学もさせていただき勉強中です。消防士さんが、日々身体を鍛え、訓練をしている姿も見学しました。
★てんぷら火災、ガスコンロの火をつけたときは必ず離れない、電話やインターホンがなった時は
必ず、消す。ポップコーンのガスコンロで作るものも要注意です!
地震の際は家具が飛んでくる、食器などは食器棚からガラスが割って飛んでくるそうです。
いまいちど、家の中を点検し、家族でいざというときどうするか話しあっておくとよいと思いました。
台所にはカンタンな消化器を(ただし少し離れたところがよいでしょう) スプレー式もあります
2007-12 Tujidotimes