地域新聞辻堂タイムズ
中学生新聞 
各中学校の生徒さんが新聞記者にチャレンジして部活を紹介!

中学生新聞:藤沢市立高浜中学校   部活紹介  吹奏楽部・卓球部

 ●吹奏楽部は、部員数44名で日々練習しています。全員の団結が必要な部なので、私たち高浜中吹奏楽部も学年に関係なく仲がいいです。毎日の活動内容は、基礎練習や曲の練習で、基礎練習では主にロングトーンとタンギングと呼ばれる練習をします。ロングトーンは息をたくさん吸い、まっすぐ長く音をのばす練習で、タンギングとは音を短く切り、なるべく細かくしていく練習です。どちらも簡単そうに思えますが、実際はたいへん難しく、そして楽器を吹くときにとても大切なことです。曲を演奏するときにも必要なことなので、欠かすことのできない練習です。五月にあった体育大会では、新入生も加わった新バンドで演奏をしました。一年生にとっては初めて地域の方々の前で演奏し、緊張した人も多かったようです。二、三年生は今まで練習してきたような演奏が本番で十分に発揮できなかったので、次回の演奏への課題としてこれからの練習をがんばっていき、次に演奏するときには素敵な音、素敵なハーモニーを届けたいと思っています。七月には吹奏楽コンクールもあります。金、銀、銅で評価され、昨年は銅賞という残念な結果でした。あと数点で銀賞だったということもあり、とても悔しかったです。今年はより上を目指して日々の練習に励んでいきます。そして、地域の方々にたくさん「高浜サウンド」をお届けできるよう、様々な行事にも参加していきます。ぜひ高浜中学校の演奏を聴きに来てください!




 ●卓球部は、部員数50人もいる高浜中学校でも大きな部です。みんな活発で、明るく活動しています。毎日、県大会出場を目標として頑張っています。高浜中では体育館をバレー部と半面ずつ使い、お互い助け合っています。高浜中卓球部は藤沢市で5位、湘南地区ではベスト16に入るという、強豪には1歩及ばない強さです。僕たちは悔しい思いをしてきました。そこで、部員全員がその悔しい思いを2度としないように、日々努力しています。卓球部の1日は、まず体育館を10周し、反復横跳び往復30回、素振り300回とハードです。それが終わってからボールを使って練習しています。すべての授業が終わってから部活へ行くので、みんなバテバテですが、1年生から3年生までみんな楽しく練習しています。顧問の先生は内田亮先生と花井奈都子先生です。明るく楽しい先生ですが、厳しい時は厳しい先生です。高浜中のライバルは長後中学校です。あまり勝ったことはなく、ライバルと呼ぶにはまだまだなのですが、今度こそ勝つつもりで気合いを入れています。そして、いつか僕たち、私たちは卓球の頂点に立つのです。
 

2007-5 Tujidotimes