http://www.tujidotimes.com
辻堂タイムズへ戻る 海岸物語へ戻る
現在進行形!進化しつづけるドジ井坂さん
  辻堂のビーチが変わってきている!ビーチが綺麗になっている!この気持ち良 さは何だろう? 夜になると辻堂海岸周辺ストリートは、リゾート気分が漂い、若者 が続々と集まってくる。皆さんは気づいたであろうか?どうも、その発信源は辻堂海 岸ビルB1「ライブスペース」ではないかという匂いをかぎつけ、オーナーであるド ジ井坂さん(53)を訪ねた。
 ドジさんはというと、元プロサーファーで「オールナイ トフジ」「ファイン」に登場していた記憶がある。ドジさんにはどういう思いがある のだろう。
 プロサーファー、ライター、カメラマン、コメンテーター、企画会社設立 など、枠にとらわれずチャレンジし続けるエネルギッシュな方である。 50年代 サーフィンとの出会い  ドジさんは、1948年茅ヶ崎市に生まれる。幼い頃は今のR134もなく、辻堂 は砂漠の町だった。彼がサーフィンを知ったのは中学生。仲間と女の子たちをナンパ し、ワイワイやっていた。きっかけは、女の子の「サーフィンって、かっこいい」と いう一言。彼はよく東京へ行き、早朝映画を見たり、洋書屋を見て廻った。そこでベ ンチャーズのレコードや、サーフィンの雑誌をみつけて釘付けになった。そして、サー フィンで波の面白さに目覚める。「波には正確さがない、アドリブなんだ。この意外 性が好きなんだ」とドジさんは言う。しかし、当時ボードの値段は7〜8万円。サラ リーマンの月給が1・5万円位の時代。車一台の値段である。だから、みんな仲間で 貸し借りしていた。ベニヤの板でボードを作ってみた。それを機に、普通のサーフボー ドづくりを始める。それが、また面白いように売れた。「ファッションでも西海岸の スタイルを雑誌から研究しいち早く取り入れたよ」。 70年代 サーフィン三昧  プロサーファーになり、ボードを制作しながらサーフィンの毎日だった。当時は、 平日サーフィンをしていると、不良と言われた時代。しかもフリーター的仕事もない 時代である。「台風を追いかけて東北までいっちゃうとか、いつも限界チャレンジモー ドでしたね」。そして数々の大会で優勝、入賞という結果を出した。(この記事は2001年7月号に掲載したものです)