第8回辻堂くらし市民の会主催
「全体会議」が開催されました


3月18日(土)辻堂市民センターホールにて第8回辻堂くらし市民の会(くらまち)の全体会議が開催されました。湘洋中学校器楽部による演奏の中開場、会場はほぼ満席に。第1部では挨拶に引き続き、まずは平成17年度活動報告(防犯・防災部会、教育部会、福祉部会の活動の様子、コミュニティーバス・プロジェクトについて)が行われた。次いで湘南工科大学土屋研究室の学生による『防災マップづくりにみる当校の地域連携のあり方』の発表。第2部では『安心・安全なくらしを支える地域の連携~人と人のつながりが生死を分ける』というテーマの市民シンポジウムを開催。シンポジストに酒井由美子氏、山田栄氏、見澤由郎氏、石井進氏を迎えて、参加者も交えての意見交換が行われた。

問い合わせ:TEL046634-8661辻堂市民センター

 第1部の湘南工科大学学生による発表

 
第2部の市民シンポジウム


●シンポジスト
山田榮氏…辻堂地区自治会町内会連絡協議会会長
酒井由美子…心理カウンセラー
見沢由郎…藤沢市総務部災害対策課主幹
石井進…辻堂くらし市民の会副代表