沼上 登さん ライオンズクラブ
福友産業株式会社代表取締役
「大庭の牛小屋を改装し一代からスタート(一代で会社を築く)」

 温厚な印象の沼上さん。四月に藤沢で行われるライオンズクラブ国際協会330-B地区、第53回地区年次大会実行委員会委員長を務める。今回の大会は、プログラムの一環として青少年育成と薬物乱用防止運動を掲げて藤沢駅北周辺道路(藤沢市民まつりコース)でパレードを行う予定。藤沢警察署や市の協力のもと、マーチングバンド動員数465名、ライオンズ540名の盛大な開催。県警音楽隊と神奈川県マーチングバンド・バトントワリング連盟所属7チームが参加協力し、小中高のブラスバンド等のパレード
が観ることができる。

 沼上さんは、商社に勤め昭和61年に脱サラし、46歳で起業した。「建物を創ることが好きだったんです。大庭の小糸小近くの牛小屋だった所を改装し、会社を作りました。
 
 福友産業という命名は、友を大切にする、友達によって助けられ、友達と共に発展していくという思いからつけました。会社が今こうしてあるのも人のつながりというか、見えない応援というのがあってのこと」と沼上さん。

 「街づくりという面からすると辻堂も藤沢の様に町並みの景観もよくなって、駅周辺が開発され、素晴らしい発展を遂げると大いに期待しています。地下鉄が湘南台迄延びたけど、辻堂迄交通のラインが作られるといいですよね」。

 また、沼上さんは、ライオンズ賛同により『薬物乱用防止養成講座』講師の資格を取得。『薬物乱用はダメ。ゼッタイ。』を合い言葉に学校や地域を回っている。「薬物は、安い値段で安易に手に入ってしまう。軽い気持ちであっても、一度体験してしまうとフラッシュバックになり、中々抜けることができない大変恐ろしいものだと子ども達に知って欲しい」。  
◆ライオンズクラブ国際協会330-B地区、第53回地区年次大会
式典4月15日(日)藤沢市民会館

・パレード10:30〜11:30(藤沢駅周辺)
・大会式典、エキスカーション他
 年次大会大会会長/古都保郎
 年次大会委員長/山田栄
 年次大会実行委員長/沼上登
2007-3 Tujidotimes