トップページへ戻る
明治中学校おやじの会

▲2002年のみなさん 左下が佐々木校長(当時)
 
地道に築き上げてきた明中おやじの会 *辻堂タイムズ2002年5月号掲載記事

 市内でいち早くおやじの会を立ち上げた明中おやじの会。発起人の坂本信一(45)
氏は当時、PTAの会長。「おやじも、学校に足を運ぶことから始めましょう」と1996
年に発足し、現在約20名程で、お父さん達の異業種交流の場となっている。。生徒の
学校生活のバックアップと学校のサポートを原点に様々な活動に取り組んでいる。学
校が荒れていた時代があり、おやじ達の協力は先生や母親達に大きな力となった。活
動は、運動会(2年生対抗リレーに挑戦し、本気の全力疾走!)、文化祭、明治ふる
さと祭り等の参加と手伝い、学区域の夜間巡回、プ?開放、チャリティースポーツ
親睦会等。また、会報『げんこつ通信』を発行。「げんこつはたたくのとは違う。暖
かみのある意味なんだよね」と会長の松井英夫(46)氏。会費は無料。「在校生だけ
でなく、卒業生のの父親でも参加できる。出れる時に参加してくれればいいし、気軽
にぜひ見に来て欲しい。地域の子どもや先生とふれあってわかる事も多い」と松井氏。
そんなおやじ達の姿は子ども達を変えつつある。ぜひ、参加を!
会長/松井英夫 事務局/坂本信一

明治中学おやじの会より

 「明中おやじの会」は子供を取り巻く環境が急速に変化してきている現在、子供達に「何をしてあげられるか」
「父親として何が出来るか考えることが大切だ」という考え方を柱に平成10年7月に発足しました。
学校の活動というと、とかくお母様方を連想しがちですが、お父様方にも積極的な参加をお願いし、
校内や地域の活動を盛り上げて行きたいと考えております。
そして「先ず学校へ足を運ぶことから始めよう」「そこから何か始まる」の趣旨の基、運動会では自転車整理やリレーに参加、文化祭ではギター体験教室の開催、春と冬のチャリティースポーツ大会の開催、
 また夏休みにはプール開放など盛り沢山の行事の他、第二、第四金曜日の九時からは夜間パトロールを実施して、
「おやじならではという活動?」を展開して、子供達や学校に積極的に関わるようにしています。
 又、活動方針や子供達のことを話し合う場として、二ヶ月に一度校長先生、教頭先生を交え定例会を実施しています。「明中おやじの会」は本校PTAや他校のおやじの会と連携しつつ「おやじ達」の独自の考えを模索しながら、明中生や地域のために貢献したいと考えています。
 またときには「おやじ達」の異業種交流の場として意見交換をしたりして、皆さんとの親睦を深めていけたらと考えています。
「明中おやじの会」は「おやじ」と名が付いておりますが、「明中や地域に貢献する」という気持ちがある方なら、「おやじ?」に限らずどなたでも参加できます。
皆様方の「明中おやじの会」への参加を会員一同お待ち申し上げております。

会長/松井耐輔 問合せTEL090−8963−2181