介護の現場から
社会福祉法人 『創』そう(辻堂元町)
 障害者地域作業所「湘南つばさの会」と「りさいくる藤沢」が母体となり、設立された社会福祉法人『創』では、知的障害者通所授産施設「プロップ」、知 的障害者デイサービスセンター「まどか」と「ウィング」(下土棚)、タイムケア サービス「海っ子クラブ」(白浜養護学校内)という各事業で、障害を持つ人達への支援に取り組んでいる。施設の前身であった地域作業所は、現在、神奈川県内に500箇所程が点在し、企業からの下請けの仕事や自主製品製作などを通して、障害を持つ人の社会参加の場を提供しているが、県や市の補助金のみでの厳しい運営をせまられており、必要な職員配置のためにそれぞれの努力の下、寄付を募ったりボランティアの力を借りて運営しているのが現状だ。『創』はこの地域作業所の運営に15年を費やしたのち、新たに必要なサービスを提供していくために法人を設立し、約2年前に国の事業に切り替えて施設を開所し、地域の障害者施設としての役割を担ってきている。今年度は、法改正により事業の再編をせまられており、抱える課題も多いが、『地域の方が暖かく見守ってくださるこの場所で事業を始められた事は本当に幸せだったと思います』と語る大河原施設長。『開設にあたり周辺の方から反対の声も聞かれず、竣工時の内覧会にも多くの方が来所してくださいました。周囲の草むしりを黙ってそっとしてくださったり…皆さんの優しさが私達職員の励みにもなっています。今後は地域の方との交流の機会を増やし、さらに障害を持つ人への理解の輪が広がればと思います。ボランティアの方も随時募集していますので、よろしくお願い致します』

藤沢市辻堂元町5-17-1  
TEL0466-34-3550
2006年地域新聞辻堂タイムズ取材掲載記事