内田郁男さん 東海岸2丁目会長
東海岸2丁目の会長の内田さんは、日本赤十字社神奈川県支部に所
属する水上安全法、救急法の名誉指導員として活動し50年。水上安全法及び、救急法
の名誉指導員である。先日、7月8日に辻堂児童館にて、児童館職員を対象に、夏に
向け水上安全法と、救急法の講習を行った。今回の内容は、水上事故の防止、監視の
方法、事故が起きた時の対処法、熱中症、虫さされ、寝かせ方、応急処置の仕方、プー
ル安全対策、海や川等の注意点等。泳力が同じ者でペアを組み点呼の時に手をつなぐ
という『バディーシステム』や、手首をお互いつかみあい、救助する『ヒューマンチ
ェーン』等具体的な救助法を紹介した。「真夏の炎天下での水泳は長時間は避けてく
ださい。また、休む時には、日陰で保温(バスタオル等で)することが大切です」。
内田さんは、元小学校、中学校の教諭。臨海学校やプール指導で水上安全や救急法に
興味を持ったのがきっかけで、経験を積んだ。長年の功績が認められ、平成14年には、
厚生労働大臣賞を受賞した。「知っているといざという時に冷静に対応できます。せっ
かく学んだことをみなさんに継承していきたい。地域やPTA等の水上安全法と救急
法の講習の希望があれば、ご相談ください」と内田さん。問合せ0466(36)0
865わかりやすく、プールの監視に実践的な内容なので為になります!

先見の目が光るヒットメーカー 高橋 章さん(辻堂東海岸)
 
  司法会を10年前にリタイアし、これからは好きなことをやろうと第2の人生をスタートした。
趣味であったガーデニングと社交ダンス。社交ダンス歴は30年。昔は日本では社交ダ
ンスの文化が少ないため、海外でのパーティーで踊れる医師が少ないことに気づき、
藤沢医師会のダンス部会に協力し今では名実ともに立派なダンス部会に成長した。高
橋さんの独自の発想とビジョン、リサーチ力が評価され、大手ホテルをはじめ、様々
な分野の企業やショップ等の顧問を務めた。また、家庭画報等の雑誌や書籍の随筆も
してきた。「ガーデニングではこれからはバラだ、これからはハーブだと流行前に気
づき提唱してきました。これが実を結びました」と高橋さん。氏の提案でホテルニュー
アカオでは日本一のガーデンとダンスホールが造られた。今地元で求められるキーワー
ドを訪ねると『シニアライフの充実(リクリエーション)』と『健康志向』。リクリ
エーションの充実として明治公民館の多目的ホール新設が有意義だと話す。東海岸1
丁目役員として5年間務め、明治公民館サークル協議会会長、辻堂くらしまちづくり
の会会員と地域貢献も含め、多忙な日々を送っている。今後、高橋流ビジョンが地域
に活かされると街がもっと活性化されるだろう。




(辻堂タイムズ2005年7月号掲載記事)