地域新聞辻堂タイムズ
地域新聞辻堂タイムズ 辻堂のまちを元気に!

 瀧田信之(たきたのぶゆき)さん
湘南DVサポートセンター
(辻堂太平台)
http://www.kodomo-support.org


 年々深刻になりつつあるいじめや虐待などの問題…瀧田信之代表の湘南DVサポートセンターの『いじめ防止プログラム』が、中学校等で着実な成果と大きな反響を得ている。これは、子ども達は自分を大切にし、自尊心をもって生きることが、暴力防止になることを学ぶ。そして、暴力によらない解決方法や、コミュニケーション力をつけ、自主性を大切に内在する力を引き出す。やがて、学校全体にいじめを許さない気運が高まり、いじめの傍観者をなくしていくというものだ。プログラム終了後、子ども自身が助け合う委員会のような『スクールバディー』が、素晴らしい成果を上げている。
 
 昨年行われた村岡中学では、現在約60名のスクールバディーが自主編成された。そして、1月からは母校の湘洋中学校でもこの『いじめ防止プログラム』がスタート。

 瀧田さんはアウトドアが好きで、その活動で不登校や障害を持った子どもたちを支援する機会があった。当時、DVを受けた子ども達への支援が全く無く、ケアの必要性を痛感した。「子ども達を救いたい!」と模索の旅が始まった。様々な勉強を重ね、アメリカで研修を受け独自のプログラムを修得。そして99年に『湘南DVサポートセンター』を設立した。DVだけでなく様々な問題のカウンセリング、指導者養成や教育を行っている。

 「先生や保護者の参加も大歓迎!実は子どもたちをちゃんと受け止められない大人も多い。加害者の家庭の背景には、経済的問題、過度な期待、一方的な強制や暴力等様々な問題が潜んでいることもある。また、子どもたちのサポート役『ユースリーダー』も養成している。先日は深沢高校で『デートバイオレンス防止プログラム』も行った。全国から支援依頼も多く、飛び回る毎日…救済窓口である児童相談所をはじめ行政機関への働きかけも期待したい。ストーカー、通り魔、いじめ、自殺、虐待…で苦しむ多くの人を救うきっかけになるであろう。

○日本子ども学会2007年度優秀賞受賞
○ 国際シンポジウム「DV,虐待、いじめ」(2/10 品川区立総合区民会
館きゅりあん)
■ 湘南DVサポートセンター
様々な問題のカウンセリング・DV
サポート・予防教育・DV被害回復支援
http://www.kodomo-support.org
藤沢市辻堂太平台2-2-3-102
TEL:090-4430-1836
FAX0466-36-6616