手話サークルともしび(辻堂市民センター)


 『ともしび』は、1985年に公民館の手話講習会をきっかけに結成され、今年で22年になる。必要を感じて入会した人、コミュニケーションしたい人、漠然と手話が出来る様になりたい人と動機はさまざまだ。出席できる時に出ればよいという無理のないスタンス。会員の多くは様々なボランティアをしていて、ライフワークの中の1つに手話があるという感じだ。中には手話のできる看護婦さんになった人もいる。

 「技術を学ぶだけでなく、ここへ来るとなぜか優しい気持ちになります」と土田さん。子ども指導の達人は、五十嵐さん。40才から徐々に目が見えなくなってきましたが、今も手話を続けていて、人々に感動を与える。「藤沢には10以上の手話サークルがあるが、地元でぜひ習って欲しい」と話す中森さんに「友達になりたい」を手話で教えていただいた。

 今年も公民館まつりで、モーニング娘の「でっかい宇宙に愛がある」を手話で披露するので、ぜひ多くの人に見てもらいたい。この曲は24時間テレビのテーマソングでもある。手話でのふれあいはあなたの心を温かく灯すものでしょう。  

※毎週水曜の18時30分〜19時30分 子どもの部/19時30分〜21時 成人の部
  辻堂公民館/第一談話室 会費/1家族1,000円(年間) 見学自由 入会希望は直接
  来館 問合せ(電話&FAX)0466(81)7373 西貝

(2003年辻堂タイムズ9月号・辻堂の仲間たち掲載)