プロフィール
国松 誠 
新政会 辻堂元町在住 明治大学卒業 衆議院議員秘書を
経て、平成3年藤沢市議会議員初当選 以来連続4期当選 平成15年から第36代藤沢市
議会議長に就任 平成17年から全国市議会議長会会長に就任 ソフトボール協会会長
 八松地区社体協会長 藤沢リトルリーグ会長 
有賀正義
昭和31年生まれ 早大
理工学部卒 元いすゞ自動車開発エンジニア平成15年初当選 議会改革を強く訴え新
会派「立志の会」を結成 主に環境問題・まちづくり・生涯学習・行財政改革に取り
組む ビオトープ管理士(計画部門)
辻堂東海岸在住
松長泰幸 
藤沢市立高砂小・高浜中・県立鎌倉高校武蔵
工業大学土木工学科卒 中国・復旦大学留学 藤沢青年会議所でも積極的に活動 1期
目にして、文教常任委員長を務め現在の偏向教育にメスをいれる 現在は環境災害対
策特別委員長として地域の防災に力を注いでいる 会派ローカルマニフェストの作成
で高い政策能力を発揮
橋本みちこ 
北鎌倉女子学園高校卒業 神奈川日産自動車入社 平成7年藤沢市議会議
員初当選 現在2期目 神奈川民社協会第12総支部幹事 辻堂防犯協会常任幹事 社会
福祉法人「創」理事
みまもりおばさんとして地域に貢献
(おはようボランティア)  
植木ゆう子 
神奈川ネットワーク神奈川・藤沢所属 武蔵野音大声楽科卒業 生活
クラブ生協の活動を経て 食と環境問題に取り組み市民運動から市議に 2003年当選
 生活者の視点からごみ、非営利の市民事業による福祉施策など実生活に根付いた提
案を行っている
真野喜美子 市政市民派議員会議
編集者 著書に「3品の食卓」「パンでつくるお菓子」(金園社刊)などで有名 市民活
動を経て市議に 2003年当選 ユニバーサルデザインのまちづくりを提案し続けている
井上多聞(いのうえ・たもん)
辻堂タイムズ編集長 読売新聞辻堂東部所長元湘南よみうり新聞社編集主幹 長年の
湘南でのミニコミ紙、イベント企画等の経験を経て、辻堂の新聞辻堂タイムズを2001
年創刊
〈今までの企画〉 ・子育てフォーラム開催
・辻堂ファイト祭り(初期発案・開催)
・健康セミナー(病院の選び方)
・生島ヒロシ氏講演の健康セミナー
・土曜市場開催 ・湘南検定発案

2007.1月号特集
辻堂対談・第4回辻堂スペシャルトーク  
自由に話そう・出会おう辻堂トーク
新春議員対談

 

【今回のお題】今どんなことに取り組んでいますか?
辻堂の未来は?

井上…タイムズも6年目を迎え、起業家、異業種交流、ママさん
トークと実施し、今回は地元議員にスペシャルトークをお願いしました。
テーマは「辻堂エリアの将来について」です。それでは、国松議長さんに進行をお願いします。

國松…まずは辻堂エリアについて皆さんから3〜4分ずつご発言をお願いします

有賀…辻堂カントク跡地についてですが、市議会の中で説明がありましたが、湘南C-Xに参入してくる企業が決まりつつあり、また武田工場跡地に研究施設が来ることなどを考え合わせると、これからの藤沢市、辻堂の今後はR&D(リサーチアンドデベロップメント)研究開発都市という形で注目をされていくと思う。そういった企業に勤める方が辻堂って良いところだなと思えるようなまちづくりを考えることが大切だと思います。
 その為には資源を最大限生かすことが大切で、それをアピールする仕掛けが必要です。一般的に辻堂は海というイメージですが海だけでなく文化全体を取り入れていかなければならないし厚みのある街を目指していきたいですね。

国松…R&Dを生かしつつ厚みのある文化を目指したいとの話しでした。

植木…カントク跡地の北口の開発だけではなく、南口の商店街も空き店舗が目立ってきているので南口と一体となった計画を考えたい。国家公務員住宅の跡地を老人福祉施設にする計画が白紙に戻ったが、特別養護老人ホームは造っていかなければならない。
 辻堂団地の跡地の一角に計画しても良い。辻堂の南部地域は用地があまりない。駅から海浜公園への道は整備されて高層を建てられないので景観も良くなってきた。この良い景観を大切にしながら、福祉も大事にした街作りをしていきたいです。

国松…辻堂の景観を大切にしながら、南北の一体化と福祉施設の充実を提案いただきました。

橋本…自分が辻堂に住み始めたとき、昔の文化が残っている辻堂がとても良い街だなと感じました。広域行政拠点が辻堂に出来ることはとてもうれしいが南北の交流がとても大切だと思う。南北を結ぶ道路が一本しかないので南海岸道路からカントク跡地に入る道路が必要と思います。東海道から134号線への間は昔から風光明媚な地域なので湘南C-Xの中にも松並木をつくりたい。江の島を含めた観光・商業のエリアにもなって欲しいし、厚木インターチェンジから直接に辻堂まで来られる様になれば開発型の企業が進出してもらえると思う。海岸街という良いイメージを残しつつ整備していきたいです。

国松…広域連携ゾーンを中心に都市計画を考えることは非常に重要ですね。

松長…湘南C-Xの総事業費は330億円で市税を150億円を投入する計画ですが、当然に辻堂だけでなく藤沢全体を考えながら辻堂・明治地区の意見を出来るだけ吸い上げて都市計画をすることが鍵になっていると思う。湘南C-Xが一部の人だけの利益になってはいけないし、教育問題や道路問題に影響が出ないようにしていかなくてはならない。
 自然環境も考えながら、高齢化する中で高齢者に配慮した街作りも進めていかなければならない。仮換地がいくつか行われたが、地権者に対して土地の価格を適正に保っていくことが行政側に課せられた課題だと思う。
 1月下旬にはA1街区の複合都市部分が決まってくるので、そうすれば湘南C-Xの全容が見えてくると考えるので楽しみにしている。辻堂に生まれ育って、最近地域の絆が薄くなってきている様に感じる。地区でも防犯に取り組んでいるが、学校・地域・家庭がいかに協力していくかが大切だと思います。

国松…辻堂駅北口湘南C-Xがどうなるのかは住民として興味がある。その中でも特にA1街区が注目されていますね。

真野…40数年この地域に住んでいるが、今は湘南C-Xに隣り合わせた場所に住居している。辻堂というと「開かずの踏切」が思い浮かんだが、現在は地下道で南北が繋がった。でもこのトンネルが高齢者や障害者にとって上り下りがしにくい。買い物客の移動も南北行き来が少なくなってしまい街が分断されてしまった。やはりこの様なことは二度として欲しくない。駅前広場の開発については、南側へ繋がる街作りをして欲しい。カントク跡地から駅を通り海浜道路へと一直線上に歩行空間を作っていきたい。景観条例も取り入れながら研究機関が来るということに期待していて、車いすでも海まで行ける南北をつなげた街にしていきたい。

国松…辻堂の南北の一体化と景観に配慮したユニバーサルデザインの提案をいただきました。広域連携ゾーンについてですがトークテーマでもある「湘南C-Xが新湘南市の顔となるのか」についてご意見ありますか?

橋本…平成15年頃に市町村合併の話が有りましたが、合併議論の中で合併した曉には湘南C-Xに新市庁舎を持ってきてもらいたいと思います。

真野…合併は反対です。広域ゾーンの使い方ですが、神奈川女性センターをここに持ってきたいと女性市議8名で県庁に陳情しました。そうすれば茅ヶ崎市との連携の中で県内外を問わず人が集まると思う。

植木…保健所が藤沢市に移管されたし、辻堂に県の女性施設が来るのは大賛成です。新湘南市についてですが、合併して市が大きくなれば市民も行政もお互いの顔が見えにくくなるので、合併は反対です。

松長…全国で合併が加速し数年前に3300位あった地方自治体が今では1800位に一気に減少した。だから広域連携ゾーンに関しては市町村合併の賛否を問うことではなく、県や国の施設を誘致し公共性の高いゾーンとするべきで、この地域特色を生かしながら合併の必要性の雰囲気が高まれば論議を進めていくべきです。

有賀…そこが広域行政ゾーンという名前なのでどうしても合併の議論になってしまうが、地域の人が便利かどうかを考えていくべきです。40万人を市の基本枠として運営し、その上で何が足りないのか考え、連携することによる住みやすさのメリットを引き出したい。

国松…私が全国市議会議長会会長という立場から見ると、合併ありきではなく連携しながらどうあるべきかを探っていくと良いと思う。県や国の機関を呼び込むことも重要だ。将来的には合併ということを念頭に置きながら、近隣市と機能集約をしていきたい。
 それでは、湘南C-X以外で、福祉の関係はご意見ありませんか。

有賀…国の財政が厳しくなり、医療費削減などで特別養護老人ホーム建設の計画が止まってしまったが、何か動きを聞いている方は?

国松…辻堂南部地域の計画が不調に終わった理由は土地購入の価格問題です。今までは自治体が関与した場合は安く払い下げしたが、国の財政難から市場価格で販売されることになっています。

有賀…民間とは価格面で競争できないですね。

橋本…路線価では高くて買えません。

真野…国は制度を改悪して現場が困っている。特養でも常勤職員を減らし非常勤にしていて施設も満杯となっている。自宅での介護も大変だ。市内13地区の中で辻堂地区だけが施設がない。特養でなくても出来るところから小規模施設でも作って、少しでも在宅介護をしている方の手が離れるようにするべきです。

有賀…特養というのは100床で25億円がかかると云われる。一回盛り上がった建設の話だが25億をどうやって捻出するのか問題だ。宅老で補完していく例はあるのでしょうか。

植木…NPOとかあります。特養で100床確保するのは効率優先なのでしょうか。100床作るのは大変な話です。

真野…特養は住所も移動し、ずっとそこで生活して一生を終わるのがだいたいだ。以前は50床で開設していたが、法律が変わり100でないと運営が出来なくなってしまった。だから、お金や敷地もかかるので限られた場所では開設しづらくなってしまった。

橋本…辻堂東海岸に県営団地が取り壊しになった場所がある。1500坪なければ特養が建たないと聞いているが何とかならないでしょうか。

国松…松林の一部を伐採すれば面積的に可能だと思うが、自然保護団体が反対するでしょう。環境か福祉かどちらを優先するのかという論議になってしまいます。

植木…木を切らないで、庭の一角に利用しながら出来ないものでしょうか。高齢化率が高い地域なので、住宅公団にお願いしたいですね。

松長…ここの公務員住宅跡地を国が販売する際に、入札となれば、デベロッパーが落札する可能性が高く、その後マンション建設が予想されますが、そのなかに福祉施設を設けるなどの、条件付の入札にして頂きたいと思います。ただ、金額で決めるというのは、地域住民は納得しないのでないでしょうか。

国松…橋本議員からの、辻堂団地の建て替え時に特養などの福祉施設を建設したいという提案がありました。では次に、教育問題についてですがどうでしょうか。

松長…地域の絆や地域力を高め、地域全体で教育に協働・協力し、倫理・道徳を高めていく教育が必要だと思います。

国松…湘南C-Xと切り離して教育問題を捉え、いま学校内の防犯問題としてスクールガード制度が立ち上げられ、警察のOBも参加しながら防犯ボランティアを実施しているとのことです。南北の警察署でも要請があればいつでも紹介できるとのことでしたが、やっぱり防犯は民間人だけでは限界があります。

橋本…おはようボランティアで地域の方に協力いただいていて感謝しています。多くの人が防犯へ目を向けてもらうことが安心安全が保て、これらにより三者連携が大切だと思う。学校の先生が子供に挨拶もせずに通勤している姿があったが、先生がまず模範を示し神経を使いながら挨拶を大切にして欲しいですね。

真野…学童保育から帰る時間帯が問題で国道一号線のあたりが危ない。親が働いているので帰りが遅い時間帯になってしまう。

橋本…子供達には『防犯ブザーを持ってる?』と声掛けしている。朝の通学時間帯は見守ることが出来ているが、遅い時間帯の安全対策が必要です。

真野…明治地区の一部の子ども達は踏切を渡って八松小に通学しているので、大人の見守りが必要だと思う。おはようボランティアについては、子供達に安心を与えていると思う。地域清掃の日に親子で参加することによって、近所の人達も顔を覚えられる利点があります。

松長…防犯に関しては、警察のパトロールや行政頼みではなく地域ぐるみで防犯の取り組みが出来るのかが重要だ。パトロール隊や集金の方やタクシーなどに協力してもらい地域に存在する力を利用した取り組みが必要だし、そうしなければ街灯犯罪や空き巣が減っていかない。人任せにしないで、自分たちで取り組んで行くんだと云う姿勢が重要です。

有賀…実際に困った事案ですが、同じ町内会で高窓の枠を切って入いる手口の空き巣が続いたが、それをアナウンスするにしても具体的に場所を特定しないとリアリティーが無いが、被害にあったお宅ではプライバシーだから云わないで欲しい等、情報があっても旨く情報を伝達できずにいる。

国松…学校の連絡網も電話番号を教えることすらいやだという。これは個人情報の保護とは明らかに違う。きちっと市民に理解してもらわないと地域力がバラバラになってしまう。やはり防犯は声を掛けと挨拶をするのが基本だ。個人情報の保護は意識し過ぎてしまうと地域力が阻害される。

植木…いま社会では個人情報が重視されるが、何か事件があっても、個人情報だからと一部の人しか知らず、回覧が回ってきても何処で何が起こっているのかわからないと思います。

國松…治安が悪くなっている中、本来『隣近所の地域で助け合っていこうよ』が、今はセコムとかの科学技術の力に頼っている。今こそ地域の場作りが今求められている。阪神淡路大震災の時に、誰に助けてもらったかというとボランティアだという。大災害の時に役立つ力は、公的なものではなく自助と共助です。今後、地域のコミュニティーづくりを大切にしていくということが地域の議員に与えられたテーマかもしれませんね。

井上…本日は公務ご多忙の中をお集まりいただき、また貴重なお話をいただきまして、ありがとうございました。今後とも、タイムズは身近な地域新聞として、地元の皆様に愛される要に努力して行きたい。統一選挙を控えて、益々地域の為にご尽力されることを願っています。ありがとうございました。

【湘南C-X(シークロス)】 辻堂駅周辺都市再生事業の愛称
【A1街区】 辻堂駅北口前に計画されている、商業・文化・アミューズメント・サー
ビス機能が一体となった複合都市機能ゾーン
【特養】 特別養護老人ホーム
【宅老】自宅以外で高齢者の介護する施設など