辻堂の輪・地域の輪 〜地域の活動をレポート〜

湘南大庭地区青少年育成協力会

大庭青少協で、先日3月18日に遊ing西高、4月8日には春一番の音楽会が開催され、その他主な行事は子どもまつり(7月)、ふるさとまつり参加(10月)、どんど焼き(1月)など年間を通じて様々な活動を続けている。地域の高校生と小学生のふれあいの遊ing西高今年で6回目を迎える遊ing西高は、県立藤沢西高校の生徒が、小学生の為に企画した講座を開催するというもので、216名の小学生、175名の高校生、15名の西高の先生、105名の大庭青少協と地域の方の参加があった。「私たちはあくまでもサポート。保護者の方も入校は遠慮していただいて、西高に任せ、自分たちで講座を運営する。遊ing西高を通じて高校生はとてもよくお世話をしてくれますし、感動があるようです。子どもたちはとても楽しいと喜んでいます」と代表の村木勝子さん。12回を迎える春一番の音楽会は湘南大庭地区である市立滝の沢中学校、市立大庭中学校、県立藤沢西高校の吹奏楽部が参加。終了後、湘南大庭青少協名物『大庭うどん』が生徒たちにふるまわれた。2つの行事は共に湘南大庭地区青少年育成協力会が主催、湘南大庭地区子
どもサポート会議が後援。

問合せ:湘南大庭市民センターTEL0466-87-1111

  

    

    

●今年の遊ing西高の講座
おかしづくり・競技かるた(百人一首)体験・和菓子づくりとお茶体験・楽器を弾こう!クレイアンドバスケット・護身術・剣道をしてみよう!サッカー・バスケットボールを楽しもう!バレーボールを楽しもう・楽しくピンポン・明るく楽しく“気合”でドッヂだ!キーホルダーを作ろう・ストーンペインティング・クレープくらぶ



辻堂タイムズ2006年4月号掲載記事